小児歯科

むし歯になりにくいお子様になるために

虫歯になりにくいお子様になるために

むし歯を引き起こす原因となるむし歯菌(ミュータンス菌)ですが、実は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在していません。

ではなぜむし歯になってしまうのかというと、周囲の大人とキスなどのスキンシップを行う中でむし歯菌が大人から赤ちゃんへ感染してしまうからだと考えられています。

むし歯のになる仕組みは、むし歯菌が砂糖を分解することによって出来る歯垢が歯に付着し、その歯垢の中でむし歯菌が繁殖、そして増えたむし歯菌が出す酸が歯を溶かしてしまいむし歯になるのです。

そんなむし歯を引き起こすむし歯菌ですが、感染するのが遅ければ遅いほど、将来的にむし歯になりにくくなると言われています。つまり、早いうちから効果的な予防を行うことで、お子様が将来的にむし歯になってしまうことを防ぐことが出来るのです。

大切なお子様をむし歯から守る方法

1、クリーニングやPMTC

PMTC専用の器具を使い、歯科衛生士が丁寧に歯にこびりついた頑固な汚れまで徹底的に除去。

衛生士によるお口のお掃除後は歯が綺麗になるだけではなく、しばらく汚れが付きにくい状態になります。

お子様だけではなく、ご家族の方もクリーニングを行うことでむし歯感染予防効果はよりアップします。

2、シーラント

シーラント奥歯の溝はむし歯にかかりやすい場所で、大人に比べ小児の歯質は弱いため高い確率でむし歯になってしまいます。

そこで、シーラントでその溝をむし歯になる前に埋めてしまい、むし歯にならないよう処置します。

シーラントには徐々にフッ素を放出する働きもあるので、歯面の強化にも繋がります。

3、歯磨き指導

歯磨き指導お子様ご自身での歯磨きはもちろん、親御さんの仕上げ磨きについてもプロがしっかりと確認し、

正しいブラッシング方法を指導致します。また、お子様に合った歯ブラシ選びのお手伝いもさせていただきます。

正しい歯磨き方法は歯を守るためにとても大切です。

4、フッ化物歯面塗布

塗布フッ素はむし歯予防にとても効果的です。歯の表面のエナメル質を強くしてくれるため、むし歯菌の出す酸にも負けない強い歯を作ってくれます。歯科医院でのフッ素塗布、そしてご自宅でも使えるフッ素が配合されたケア用品などについてもご説明させていただきます。フッ素は特に生えたばかりの歯にはよく作用するため歯の生え変わりの時期には有効活用していきましょう。

定期的なクリーニングでずっと健康な歯を

ずっと健康な歯を

むし歯や歯周病という感染症は、汚れを歯の表面に吸着させる「バイオフィルム」という膜のようなものが原因で引き起こされます。

普段の歯磨きで綺麗に落とすことができればいいのですが、残念ながらバイオフィルムは専用の器具を使って除去するしかありません。

そのため、定期的なメインテナンスでバイオフィルムを綺麗に取り除くことがむし歯や歯周病予防に大切となってくるのです。

お子さんの小児歯科・小児矯正の詳しい説明はこちら

小児歯科

分院TEL:03-6423-8130 24時間新患専用WEB予約 インプラントサイト
一番上に戻る
一番上に戻る
インプラントサイト 24時間WEB予約

医療法人社団 翼友会 エイル歯科・矯正歯科

住所〒144-0033 東京都大田区本羽田2丁目3-1
ホームセンターコーナン本羽田萩中店3F
TEL03-6423-8130
09:30〜13:30
15:00〜19:30

…10:00~18:00まで ※休診日:日曜・祝日

MAP