入れ歯

完成度の高い入れ歯を提供いたします

完成度の高い入れ歯歯を失ってしまった場合の治療として最も一般的なのが「入れ歯治療」ではないでしょうか。

そんな一般的な入れ歯治療に必要不可欠なのが歯科医師と歯科技工士がしっかりと連携を取り合うこと。

患者様それぞれに合った最適な入れ歯を作るためには歯型を取る歯科医師、そして歯型をもとにして入れ歯を作る歯科技工士という、2人のプロフェッショナルが最高の仕事をしてこそ、患者様に最適な入れ歯治療が実現出来るのです。

大田区本羽田・萩中の歯医者「エイル歯科・矯正歯科 本羽田医院では経験豊富な歯科医師が歯型を取り高い技術力を誇る歯科技工士に入れ歯の作製を依頼しております。患者様に喜んでいただける、完成度の高い入れ歯をお届けいたします。

フィット感に優れた入れ歯を作るために

入れ歯入れ歯の作製はまず、患者様の歯型から行われます。食事やおしゃべりなどの際にガタつかず、外れることもないフィット感の高い入れ歯を作るのに欠かせないのかこの型取りの作業です。

また、当院では入れ歯を作る前に予め患者様のご希望をお伺いし、噛み合わせ、残っている歯の状態、骨の量。趣味やライフスタイル、更には食べ物の好みまで、様々なことを考慮いたします。

その上で、食べ物もしっかり噛めるような「機能性」を重視するのか、人と話している時に入れ歯だとは気づかれにくいという「審美性」を求めるのかなど、患者様の要望により近い入れ歯治療がご提案できるよう努めております。

聞き慣れた「入れ歯治療」ですが、このように多くのことに気を遣い、しっかりと考えて作るからこそ、フィット感に優れた完成度の高い入れ歯を作ることができるのです。

毎日使う入れ歯は合わないものを使った場合、想像している以上にストレスを感じるものです。歯を失ってしまいお悩みの方にも食事や会話を思い切り楽しんでいただきたい。大きな口を開けて笑ってほしい。

そのために当院の入れ歯を役立てていただくことこそが、私たちの心からの願いです。

入れ歯のメリット

入れ歯にはネガティブなイメージを持っている方も少なくないかもしれません。

しかし従来の「見た目が悪い」「外れやすい」「しっかり噛むことが出来ない」などは歯科医療技術の発達や、歯科素材の進歩によって、格段に向上しています。

こちらでは入れ歯のメリットをご紹介していますので、現在の入れ歯の機能性や審美性について、ぜひ今一度ご確認いただければと思います。

失ってしまった患者様の歯を補う効果的な治療法の一つとして、参考にされてください。

メリット
  • 治療期間が短期間
  • 手術の必要がないため、侵襲が少ない
  • ブリッジのように健康な歯まで削る必要がない
  • 保険診療で行える素材・作製方法を選べば経済的な負担を抑えられる

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯のお手入れ正しい方法でのお手入れを毎日行い清潔な状態を保つことが、入れ歯を長持ちさせ快適に使い続けることに繋がります。

間違った方法でのお手入れをしてしまうと、細菌が繁殖したり破損の原因になってしまいますが、例えば歯磨き粉で入れ歯を磨くのも間違った入れ歯のお手入れ方法です。

これから入れ歯の正しいお手入れ方法をご紹介いたしますので、日々の入れ歯のお手入れにお役立てください。

  1. 流水で洗う
    入れ歯に付着した汚れた食べ物のカスを流水で綺麗に洗い流します
  2. 入れ歯専用ブラシで洗う
    流水では落とすことの出来ない汚れを入れ歯専用ブラシで落とします
  3. 入れ歯専用洗浄剤で消毒する
    入れ歯を専用の洗浄剤に浸し消毒して、カビ・雑菌の増殖を防止します

当院で取り扱っている入れ歯治療についてご紹介します

レジン床義歯

床部分(口の粘膜に当たる部分)が歯科用プラスチックのレジンで出来た保険診療の入れ歯です。

メリット
  • 費用が抑えられる

  • 短期間で製作可能

  • 壊れた場合でも修復しやすい

デメリット
  • 見た目が入れ歯とわかりやすい
  • 床部分が厚いため、装着した時に違和感がある

金属床義歯

金属床義歯

床部分が床の部分がコバルトクロムやチタンなどの金属でできた自費治療の入れ歯です。

メリット
  • 床部分が軽くて薄いため、装着した時に違和感を感じにくい
  • 汚れにくく壊れにくい
  • 金属製の床のため、食べ物の熱さや冷たさが伝わり、食事を楽しめる
デメリット
  • 金属アレルギーの心配がある

  • レジン床義歯を比べると費用がかかる

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

床部分が吸着性の高いシリコンで出来た、固定するためのクラスプ(バネ)のない部分入れ歯です。

メリット
  • 歯茎に近い色で出来ており、クラスプもないため目立たない
  • 柔らかいため装着した時のフィット感が高い
デメリット
  • 経年で色が変色することがある
  • 金属床に比べると熱が伝わりにくいため、食べ物の熱さや冷たさを感じにくい

インプラントオーバーデンチャー

インプラントを支えにして固定する、取り外し式の総入れ歯です。

メリット
  • 取り外しが出来るため手入れが簡単
  • インプラントでしっかりと支えるためズレ、外れが起こらず、通常の入れ歯に比べしっかり噛むことが出来る
デメリット
  • 通常のインプラントに比べると噛む力は弱くなる
  • 経年によって、入れ歯とインプラントの連結が弱まってしまうことがある

インプラント支持型部分義歯

インプラントで固定する部分入れ歯です。

メリット
  • インプラントでしっかりと支えるためズレ、外れが起こらず、通常の入れ歯に比べしっかり噛むことが出来る
  • バネを使う部分入れ歯やブリッジとは違い、健康な周りの歯に負担をかけることがない
デメリット
  • 通常のインプラントに比べると噛む力は弱くなる
分院TEL:03-6423-8130 24時間新患専用WEB予約 インプラントサイト
一番上に戻る
一番上に戻る
インプラントサイト 24時間WEB予約

医療法人社団 翼友会 エイル歯科・矯正歯科

住所〒144-0033 東京都大田区本羽田2丁目3-1
ホームセンターコーナン本羽田萩中店3F
TEL03-6423-8130
09:30〜13:30
15:00〜19:30

…10:00~18:00まで ※休診日:日曜・祝日

MAP